⋖ Medicine Vest :* Quetzal ⋗

⋖ Medicine Vest :* Quetzal ⋗

•⋖⫷Quetzal Vest • Santiago Atitlan⫸⋗•

 

アティトラン湖の村の中でも、独特な風習が特に色濃く残り、

火山に囲まれていているので、他の村よりもトロピカルな気候で、野鳥の種類の豊富さでも有名な、マヤのツトゥヒル族が住むサンティアゴ・アティトラン村では、

細かい鳥の刺繍が施されたウイピルが着用されています。

 

格子模様の生地に、首元を飾るように鳥や花の模様が刺繍してあります。

生き生きとした表情の鳥達の刺繍に惚れ、それらのモチーフを更に際立たせられるアイテムを作りたいという思いからデザインし、村の縫子さんと制作し始めました。

 

 

自由の象徴、奥地に生息し、幻の鳥とも言われるグアテマラの国鳥 ケツァール。

その美しい長い尾のフォルムにインスパイアされ、刺繍がほどこされていない箇所を解いてフリンジにしたり、古着のレース、羽根、羊毛などを裾に施しました。

 

そして、ベスト両側の胸元全体が大きな内ポケットとなっています。

胸元にはホックが数個付いていて、開け閉めが出来ます。

 

 

滞在していたのが小さな村で、制作当時ロックダウンもあって、物がなかなか入手出来ないということもあり、使用している素材はウィピルも含め、全て知人や古着市から仕入れたサイクルした物になります。

 

ここでは主に、70-90年代頃のビンテージのウィピルを扱っています。

世界中でグローバル化が進んでいる現在、この地も例外ではなく、化学繊維や塗料の大量生産のウイピルが流行っていたり、若者の民族衣装離れも目立ちます。

 

そこで、他の土地でも重宝されているという事や、ファッションを通して、

美しい手仕事やその背景にプライドや需要性を感じ、

ぜひ次世代にも、この愛してやまないユニークで芸術的な伝統文化と生活が続いて欲しいなという、密かな願いと共に作っています。

 

 

 

ウィピルとは: 古代マヤの時代から使われている後帯機という織機で織られている民族衣装の四角型のトップスで、

それぞれの先住民族の村によって、刺繍の柄や織り方や色味が異なるといった、とても興味深い歴史があります。

 代々引き継がれてきているマヤの叡智が詰まった手仕事からなる、世界に一つだけの為に型取りされた逸品をお楽しみください。

 

 

[ Material ]

 

Bag:Huipil from Santiago Atitlan, Cotton

Straps:Recycled Velvet

 

[ Size ]

 

    ¥18,000価格
    消費税込み